副作用・アレルギー

副作用・アレルギー

筋肉を付けることや筋肉を強化させることができると話題のビルドマッスルですが、それを飲む前に副作用やアレルギーなどの問題について知っておきたいと思うことでしょう。今回はビルドマッスルの副作用とアレルギーについてまとめてみました。

 

ビルドマッスルに副作用はある?

ビルドマッスルは医薬品ではなくサプリメント、つまり、健康補助食品です。サプリメントの場合、医薬品ほどの効果はないので、基本的に副作用が生じるような危険性が無いことが商品開発、そして販売の条件となっています。なので、ビルドマッスルには副作用の心配がないので安心して服用することができます。また、筋肉を増強すると言われている医薬成分・ステロイドはビルドマッスルには含まれていません。ですから、ステロイドが引き起こす副作用の心配もありません。このように健康補助食品であるビルドマッスルは即効性がないため副作用もありませんが、食品アレルギーには気を付ける必要があります。

 

ビルドマッスルが引き起こす食品アレルギーとは?

食品アレルギーがある人は、ビルドマッスルを服用する際に注意が必要です。なので、必ずビルドマッスルの成分ではなく、原材料を確認することが必須です。ではビルドマッスルの原材料には何が含まれるのでしょうか?その中でも特に食品アレルギーを持っている人が注意すべきものとして、トンカットアリ抽出物、コロハ種子抽出物、黒胡椒抽出物、シナモン樹脂抽出物などがあります。トンカットアリには大きな反応はありませんがごくまれに消化器系の不調がでる場合があります。コロハ種子はマメ科の植物なので、マメアレルギーがある方は注意が必要です。黒胡椒は遅延型の食品アレルギーがあります。そしてシナモン樹脂は皮膚のかゆみ、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状がでる場合があります。このようにアレルギーを持っている方は注意しつつ、過剰摂取にも気を付けるようにしましょう。過剰摂取をするならアレルギー有無に関係なく、肝臓機能に負担がかかってしまい、肝機能障害を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

 

まとめ

ビルドマッスルはサプリメント、つまり、医薬品ではなく健康補助食品ですので、副作用の心配はありません。しかし、食品アレルギーには注意が必要です。特にアレルギーを持っている方はビルドマッスルを服用する前に、含まれている成分ではなく、原材料を確認してから服用するようにしましょう。また副作用の心配はなくても過剰摂取をするなら肝機能障害を引き起こす可能性があるので、推奨量を守ることも大切です。