バイオペリン

バイオぺリン

筋トレに有効と話題になっている「ビルドマッスルHMB」には、その有効成分として”バイオペリン”という成分が含まれています。このバイオペリンとはどのような成分なのでしょうか?またビルドマッスルでどんな役割をもっている成分なのでしょうか?

 

ビルドマッスルに含まれているバイオペリンとは?

ビルドマッスルに使用されているバイオペリンは、黒コショウなどの辛み成分・ピリペリンから抽出されている成分です。それには、血行を促進させる効果、冷え性の解消効果、肩こりの解消効果などを期待することができます。辛い物を食べると、身体が熱くなるという経験を誰もがしたことがあることでしょう。それはこのバイオペリンという成分が体内の血行を促進している証拠です。なので、この成分をビルドマッスルに配合することで、血行を促進させることができます。でもどうして筋肉を成長させるサプリメント・ビルドマッスルにこの成分が含まれているのでしょうか?

 

ビルドマッスルにバイオペリンが配合されている理由とは?

ビルドマッスルにバイオペリンが配合されているのは、バイオペリンが持つ血行を促進させる効果によってもたらされるものが関係してきます。体内の血流が良くなることで、ビルドマッスルに含まれている他の成分の吸収率をアップさせることができます。つまり、バイオペリンのおかげで、他の成分を体内に効率よく行き渡らせることができるために配合されています。なので、ビルドマッスルの効果を効きやすくすることができます。

 

吸収率を向上させるバイオペリン

ビルドマッスルHMBは、このバイオペリンを配合することで、吸収率が良い効果的なサプリメントとなっています。そのため、すでにビルドマッスルを摂取している多くの方が、その効果を実感することができています。市販されている筋肉サプリメントの中にはHMBを配合しているものが多くありますが、バイオペリンが配合されているのといないのでは、その効果に差がでることでしょう。

 

まとめ

ビルドマッスルHMBには、その有効成分としてバイオペリンが配合されています。このバイオペリンとは、黒コショウなどの辛み成分・ピペリンから抽出された成分で、血行促進効果、冷え性や肩こりの解消などを期待することができる成分です。ビルドマッスルではバイオペリンを配合することで体内の血流をよくし、ビルドマッスルに含まれている他の成分を体内に効率よく行き届かせるために使用しています。それにより、効き目がよいサプリメントとなっています。