一日の摂取量

一日の摂取量

「ビルドマッスルHMB」はHMBに特化した筋肉増強サプリとして有名ですが、どんな仕組みで筋力増強になるのか、またどれくらい1日に摂取したら良いのかよく分からないという人も多いと思います。ビルドマッスルのイロハについて簡単に情報をシェアしてみたいと思います。

 

ビルドマッスルの概要

「ビルドマッスルHMB」は名前の通り「HMB」という成分によって「筋肉を作り上げていこう」という目的のサプリになっています。医薬品ではなく健康食品のカテゴリーとなります。HMBというのは比較的最近注目されている成分です。大まかに言うと、HMBをもとをたどればプロテインです。全て細かくは説明できませんが、プロテインを分解していくと、「ペプチド」やあのアミノ酸に分解されていきます。アミノ酸にはいろいろな種類があって、その中には必須アミノ酸の一つである「ロイシン」があります。そしてロイシンから生まれてくるのがHMBとなります。このプロテインの末梢的な成分がHMBというわけです。一般に筋肉を増やすとなるとプロテイン(たんぱく質)を摂取すれば良いというイメージがありますが、実はHMBというのはある意味プロテインよりも効率的です。

 

HMBが筋力アップに効く仕組み

よく知られているように筋肉はその構成要素である筋繊維が筋トレなどで損傷して回復することで大きくなっていきます。ここで重要なのは休息や栄養補給ですが、栄養を素早く補給するには吸収に何時間もかかるプロテインよりも、すぐに吸収されるHMBが有効です。HMBの親ともいえるロイシンはHMBに変換されて初めて吸収されますから、最初からHMBを摂り入れたほうが効率的というわけです。

 

ビルドマッスルの摂取量はどれくらい?

では一日にどれくらいのビルドマッスルを服用したらよいでしょうか。ビルドマッスルは錠剤ですが、目安としては1日あたりだいたい4粒となります。倍の8粒飲む事もできますが、まずは標準の4粒から始めると良いでしょう。1粒には375ミリグラムのHMBがあるので、4粒で1,500ミリグラム(1.5グラム)となります。理想的なHMB摂取量はだいたい1.5グラム~3グラムと言われているので、4粒から8粒が良いというわけです。

 

まとめ

ビルドマッスルはHMBという効率的に栄養補給が出来る成分に注目した健康サプリです。サプリだけに頼って筋トレをしないというのでは意味がありませんが、ある程度の負荷のある運動と共に摂り入れることで効果を期待できます。目安量を守りながら筋肉アップを目指していきましょう。