ビルドマッスルを飲むタイミング

ビルドマッスルを飲むタイミング

効率よく筋肉が付くようにサポートしてくれるサプリメント・ビルドマッスルが今話題となっています。どうせ飲むならその効果を最大限に引き出す飲み方をしたいものです。ではここでビルドマッスルを飲むタイミングを見てみましょう。

 

ビルドマッスルはトレーニングの30分前に摂取しよう!

ビルドマッスルから効果を最大限に引き出すためには、飲むタイミングや頻度など飲み方にも注意したいものです。ではどのタイミングでビルドマッスルを飲むことができるでしょうか?それはトレーニングの30分前に摂取することで効果を最大限に引き出すことができます。栄養素は摂取してから身体に影響を与えるのは、その栄養が血液中に十分行き届いてからです。ビルドマッスルの主成分HMBのひとつにアミノ酸が含まれています。このアミノ酸は摂取してから約30分後に血中濃度がピークに達すると言われています。つまり、有効成分であるHMBが最大限に発揮されるのは、摂取してから30分後なので、トレーニングを始める30分前に摂取することで効果を最大に得ることができます。

 

期待できる効果とは?

ビルドマッスルをトレーニング前に飲むことで、何を最大限に期待することが出来るのでしょうか?30分後に血中濃度がMAXになるHMBには、タンパク質を筋肉へと変える作用を促進させることができます。それには筋肉の合成を増やすことができ、分解量を減らすことができます。またHMBには筋肉の損傷を抑えることもできます。トレーニングをしていると、それを行えば行うほど筋肉は疲労していきます。しかしHMBを摂取しそれが効いているなら、筋肉の損傷を減らすことができるので、いつもよりも筋肉を訓練するトレーニングを行うことも可能となります。

 

トレーニングをしない日は飲むべき?

トレーニングをしない日も筋肉強化のために飲むことはできますが、筋肉疲労の回復を早めるために飲んでいるボディビルダーやプロスポーツ選手のような強度の高いトレーニングをしている人以外は、トレーニングをしない日まで飲む必要はないかもしれません。また、HMBはタンパク質の合成を促進する効果があるので、トレーニング後はプロテインを飲んで筋肉強化をサポートすることができます。

 

まとめ

ビルドマッスルに含まれている成分から効果を最大限に引きだすには、トレーニングをする30分前に摂取することができます。有効成分として配合されているHMBは、摂取してから約30分後に血中濃度がピークに達することが分かっています。そのタイミングとトレーニング開始を合わせることで、効率よく筋肉を付けていくことができます。